摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということ

コスメにまつわる独り言
■HOME >> 摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということ

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということ

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということは充分わかっているつもりです。つい、力をぐっとこめてメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。
クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化指せるようなイメージで、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトにおこなうのが大切ですね。なんにせよ、強い力は不要であることを念頭において、ソフトにまあるく円を描くようにする、以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。くすんだ肌が気になってきたときには洗顔方法によって改善できるかも知れません。くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、古い角質を貯金しているようなお肌になってしまいます。そうならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料で泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うとくすみの改善につながります。
紫外線はシワの原因となるので、外へ出る際は日焼け止め専用のクリームを塗ったり、日傘をさして紫外線から肌を守るなどしっかりと紫外線対策を行っておきましょう。

また、紫外線を多く浴びたなと思った時には、ビタミンCの配合された美容液を使ってスキンケアをしっかりと行って下さい。きちんとスキンケアをおこなうことで、シワを防止することが出来ます。長くお風呂に入るのが好きな私はお肌が乾燥することを防ぐために、常に洗顔後はすぐ化粧水をつけてから、ゆっくり長湯を楽しんでいます。だが、真冬の時期ともなれば化粧水を使うだけでは入浴後の乾燥が気になるため、化粧水+保湿美容液もしっかり塗ってお風呂に入っていますが、これをやるようになってから乾燥が大幅に改善されつつあります。

シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、大きいのは乾燥です。エアコンの風に当たりっぱなしになったり汗をかいたことで皮膚の保湿成分が一緒に流れてしまったりした時には特に注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)をした方が良いでしょう。

肌の乾燥を防ぎたいのなら、こまめな保湿で肌を乾燥指せないようにするのが大切だとされているのです。こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。
もち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、汗をかくほど動いた後には、保湿を忘れないようにしてください。
ニキビと食事内容は密接に関連しています。
食生活に気をつければニキビも改善されます。
食事は野菜中心の献立にして、できるだけビタミンやミネラルを取る努力をしましょう。



食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘を解消する点からも、ニキビの改善につながります。



10代の時、チョコレートやスナック菓子を多く食べるとすぐにニキビが出ていました。


食べ物がてき面に影響するんだ、と痛感したものです。それから、年齢を重ねるといっしょに食べ物にも気を遣うようになり、チョコやオヤツなどは口にしないようにしています。その効果かニキビもすっかり現れなくなりました。

毎月、生理が来る頃になるとニキビになる女性は少なくないと思います。ニキビの訳として、ホルモンのバランスが崩れ、肌が荒れやすい状態になってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いものを飲んだり食べたりしたくなるので、ニキビになることが多くなってしまうのでしょう。


歳を取ると伴に、お肌に対する不満が増え初めてきたので、化粧水や乳液といったものをエイジングケアのできるものにしたり、クリームや美容液も一緒に用いるようになりました。
ですが、美容部員さんから聞いた話では、大切なことはクレンジングだと言う話でした。


現在使用しているものを使い終えたら、早速捜そうと考えています。
肌が荒れているのは空気が乾いているために寝ていません。肌をカバーしてくれるクリームを適量より多く利用することをお奨めします。乾いた肌を放っておくのは辞めたほうがいいです。



肌をきれいにする為には、顔を洗う必要がありますが、必要以上に洗顔すると、肌を傷めてしまうことにつながります。朝の洗顔はしないか、軽く済ませるようにするのが良いです。

メニュー

Copyright (C) 2014 コスメにまつわる独り言 All Rights Reserved.